中古車買取に見る査定価格のカラクリとは

>

業者によって異なる査定価格の理由

そして業者によって大きく査定価格の異なる大きな理由ですが、これには業者の設定する査定基準価格に各社の事情を加味した価格が付加されるので、業者の規模や事業内容によって大きく変わっていきます。
ここが業者によってさて金額の異なる理由です。
では各社の事情ってどういうことなのかといいますと標準的な整備料金、その業者の粗利益率、回転率などが事情の価格ということになります。
当然各社まちまちです。
さらに査定士がキズや走行距離などでをチェックして、その業者で決まっているポイントを加減して査定をします。
これがさらに査定額の違いに追い討ちをかけます。
このように業者の事情が大きく査定基準価格に乗っかっているために業者によって査定金額は大きく違うのです。

査定する人間で違う査定価格

また査定する人間で買い取り金額が違うという話も良く聞きます、これは業者が違えば当然出てくる現象です。
もともと査定基準価格に業者が事情で上乗せをしているのですから、業者が変われば担当に任せる金額のジャッジも当然変わります。
こうなっていくると売る側は足で稼ぐしかなくなり、途方もない時間と手間をかけて中古車買取業者をめぐって回ることになるわけです。
こうなると堂々巡りになってしまって振り出しの車を売ろうと思った地点に逆戻りしてしまいます。
では、どうやって少しでも高く自分のける間を業者に売るためには」どうしたらよいのでしょう。
これにはまずディーラーの買い取り価格を知ることです。
理由は値段が一番安いからです。
ディ-ラーは査定基準価格以内でしか買取をしませんので新車の買い替え下取りなどを進めてきます。
ですのでこれを基準にして買い取り業者を回ればよいのです。


業者によって違う査定価格の違い

この記事をシェアする