中古車買取に見る査定価格のカラクリとは

>

まったく同じ車なのに査定価格が違う

査定基準価格に乗っ取って査定をするディーラーは中古買取業者に底値を教えてしまうことになりこれによって価格設定が自由になってきます。
そこで大手の買取点の良く使う手法がディーラーの買い取り価格に少しだけ上乗せをして買い取るという手法です。
すると記憶している金額よりお得に聞くほうとしては映ってしまうため、制約率が高くなってしまうのです。
この上乗せ率は当然業者の事情で異なります、ですので同じ年式、同じ車種でも買い取り金額は相違が出てくるわけです。
この事例は業者があれば業者の数だけ出てくることになります、これに業者独自のポイントで傷やその他の要因を加味されるとまた査定金額は大きく開いていくことになります。

業者による査定価格に関してのカラクリ

そして買い取り価格を同じ車でも変えて買うことができる業者最大のカラクリは業者オークションの存在です。
業者は買取をした車をそのまま店頭に並べるようなことは一切しません。
ではどうやっているのかといいますと必ずこの業者オークションに出品を行います。
一般の方には知ることのできないこのオークションですが、それは業者専用のオークションということです。
ではなぜ買い取り業者は業者オークションの出品をするのかということですが、このオークションには絶対的相場というのが存在し、この相場で転売することによって大きな利益が取れるのです。
当然その相場はディーラー相場の比ではありません、このようなカラクリがあるからこそ他よりも高く買い取りますとなるわけです。
こういったカラクリも踏まえて賢く車を売りに出しましょう。


実際のところ査定価格の違いのカラクリ

この記事をシェアする